kokeisekken

ワキガの人は固形石鹸で脇を絶対に洗ってはいけない理由

ワキガの方は固形石鹸で脇を洗うくらいなら、脇を水洗いだけにしましょう。固形石鹸は扱いにくく、常に濡れているため知らぬ間に菌が潜んでいます。見えない間に石鹸の香りと一緒に細菌も付着することになります。

ワキガの人は固形石鹸を使っていけない

kokeisekken

体を洗う際に、液体が容器に入っているものを使う方が多くなりました。しかしワキガ用の石鹸や、洗浄効果の高い固形石鹸などをたまに見かけます。その固形石鹸こそが、ワキガの元となる菌が常に付着しています。お風呂場で使うものの中で、固形石鹸ほど菌の多いものはありません。

石鹸入れに入れても固形石鹸は菌だらけ

固形石鹸を大事に保管しようと、専用の石鹸入れに入れている方もいます。しかしこの容器の中が一番菌が増殖する原因です。人の手に触れることで、付着した微量な皮脂でも石鹸入れの中で増殖します。

特に脂肪酸の多い石鹸は菌のエサとなります。そんな固形石鹸で「良い香りがするから大丈夫」と洗っている間に、脇が菌まみれになっています。最悪の状況として、石鹸入れにダニが増殖することです。自らお風呂場を細菌だらけにしています。

固形石鹸の正しい使い方

菌の増殖を防ぎながら効果的に使う方法があります。それは固形石鹸を使うたびに水で洗い、水気をとり冷蔵庫で保管することです。

固形石鹸の成分のほとんどは油剤と水のため、冷蔵庫で冷やしながら保管することで長持ちもします。しかし実際にこの方法をすることが手間になります。手間になるくらいなら、液体のもので体を洗うことをおすすめします。

手洗い石鹸も細菌だらけ

体を洗う固形石鹸に細菌が多いことはもちろんです。しかし帰宅時に手を洗う固形石鹸にも、細菌は多く含まれています。家族共同で使っている固形石鹸が中でも多く細菌が含まれています。固形石鹸は使用頻度が増える度に菌が増殖していきます。

ワキガは菌の増殖でにおいが悪化する

ワキガは菌の増殖によってにおいが悪化します。どんな状況でも菌の付着は避けるべきです。中でも、固形石鹸を面倒で脇に直接付けて使う方もいます。その度に脇のにおい菌を固形石鹸に付けているに過ぎません。また固形石鹸は垢すりと一緒に使う方もいますが、摩擦で脇が傷つくこともワキガを悪化させます。

いちいち考えるのが面倒であれば、脇をただお湯で洗い流し、風呂上りにワキガクリームを塗るだけでもにおいを抑える効果はあります。

ワキガクリームランキング 石鹸